Sugaring Association Japan

一般社団法人日本シュガーリング協会

日本シュガーリング協会

日本シュガーリング協会へようこそ

一般社団法人日本シュガーリング協会(Sugaring Association Japan 以下SAJ)は、2016年6月1日に設立され、国内で初めてプロフェッショナルシュガーリストの育成に努めてきました。

今日までの5年間、SAJで学ばれた仲間と共にシュガーリングのより良い啓蒙を目指し、ブラッシュアップや認定の活動を行なってきました。

2020年6月1日からは、シュガーリング技術の第三者認定機関として、SAJ以外のシュガーリングスクールからの受け入れを開始し、全国のシュガーリストのための協会へと生まれ変わりました。

どちらかのスクールでシュガーリング講習を受講したけど、何となく不安というあなたへ。

  • お肌に赤みが強く出る
  • 細く短いヘアが抜けのこる
  • 毛が切れる
  • 固いペースト(加温してあっても)しか扱ったことがない
  • 柔らかいペーストが肌にくっついて取れない
  • テクスチャーを調整できない
  • テクスチャーについての知識がない
  • グローブがずれたり取り替えなければならない
  • 塗布している最中にお客様が痛がる
  • ブラジリアンワックスよりも痛いと言われた
  • 施術に時間がかかる

一つでも当てはまる場合は必ず改善点が隠れています。

毛が抜けているという見た目の結果のみに留まらず、より優しくより痛みの少ない

『お客様に感動を与えられる美しいシュガーリング』そんな技術を目指していきませんか

シュガーリングが大好きな皆さん、一緒に高めあい、お勉強を続けてまいりましょう。

About Sugaring Association Japan

日本シュガーリング協会の活動をご紹介します。

シュガーリングとは

シュガーリングとは?

まずは、シュガーリングについての理解を深めてまいりましょう。 「シュガーリング」とは、古代エジプトが発祥の、世界で最も古い歴史を持つ脱毛法です。 アラビア圏では、宗教の考え方により、体毛を不浄なものとしてお手入れをする習慣があり、現在までシュガーリング(ハルワ・・・甘いもの、と呼ばれています)が最も身近でポピュラーな脱毛法として存在してきました。 1990年代のアメリカでは、西海岸で生まれた「LOHAS」により、健康や自然環境に配慮する人たちが現れました。 同時期に、アラビア圏でのみポピュラーであったシュガーリングのナチュラルな魅力が見出され、欧米で生まれ変わり今日まで成長を続けています。 「新しい脱毛法」というイメージを持たれる方が多いのですが、実は古来からの伝統的なの脱毛法なのです。 ワックス脱毛市場が非常に成熟している欧米諸国では、「概念の上では新しい脱毛法」として近年市場が急成長し、日本でも2018年頃から少しずつ認知されるようになっています。   シュガーリングとワックス・シュガーワックスとの違いは? シュガーリングとは、「シュガーペーストで脱毛すること」を意味します。 ワックスで脱毛することは、Waxing / ワキシングとなります。 ワックス成分(蝋や松ヤニなどの油性成分)は含まれていないため、「シュガーリングワックス」ではありません。 !! 市販に出回っているシュガーワックスとは、実はワックスではなくシュガーペーストのことになります。 シュガーワックスと明記のある製品は「水溶性のソフトワックス」とも分類されています。しかし、ワックスとは油性の物質を指すため、正確な呼び方ではありません。 剥がす脱毛 = ワックス、と認識されていた時代の造語的呼び方であると捉えれば正確でしょう。 シュガーリングには、これから示すよう2通りの方法があり、一方ではワックスと同じやり方で行うため、シュガーワックスとシュガーリングが混同されがちです。 シュガーワックスとは、以下に説明する方法により行うシュガーリングの一つであり、ワックス脱毛剤とは異なるものであることを明確にしていきましょう。   シュガーリングには、2つの方法があります。 シュガーリングには、「手によって行うシュガーリング」と、「スパチュラとストリップ(専用ペーパー)によって行うシュガーリング」の2通りがあります。 協会ではそれぞれ、「ハンドテクニック」と「ストリップテクニック」と呼んでいます。 欧米諸国では、現在「ハンドテクニック」が主流であるように見えますが、実は「ストリップテクニック 」も立派なシュガーリングの一つです。 「紙を使っているから、シュガーリングではない」「紙を使うのはシュガーワックスだ」というわけではないのです。 「ストリップテクニック」は、長い終毛(主に東洋人のアンダーヘア)を施術前にトリムすることなしに仕上げることができる、大切なテクニックです。 「ハンドテクニック」は、主にヘアが短いブラジリアンやボディの施術に適しています。 欧米諸国では、アンダーヘアのお手入れ習慣が根付いており短い、または捻転毛である場合が多く、「ハンドテクニック」のみで十分に対応ができます。 また万が一長い終毛のクライアントが来店した時には、バリカンやハサミで短くしてから「ハンドテクニック」が行われています。 ハンドテクニックが採用されるケースの多い欧米でも、実際には「ストリップテクニック専用のシュガーペースト」も販売され、サロンの現場でストリップテクニックを採用しているシュガーリストも多く存在しています。 ここ日本では、まだまだ多くのクライアントは脱毛未経験、さらに長くカールの少ない終毛であるケースが多いため「ストリップテクニック」を採用することで、塗布時にヘアを引っ張ってしまって痛い、ということがより起こりにくくなります。 サロンの衛生を保つという観点や、破れないストリップにより固着力の強いヘアをしっかりと脱毛できるという点において「ストリップテクニック」も「ハンドテクニック」と同様に疎かにできない、大切なシュガーリングテクニックです。 2通りのテクニックをマスターし、シュガーリングサービスの幅を広げてまいりましょう。   シュガーリングには、3つの特徴があります 1, さらっとした水溶性 バリアの役目を持つ角質細胞を取りすぎない 剥がされる痛みの減少 施術後のヒリヒリ感がない イングロウンヘアのリスク減少 継続してもお肌が傷みにくい 最低2週間で繰り返すことができる・・・薄くなる効果を早く実感 施術後クレンジングをしない・・・吹き出物のリスク減少 2, 熱くない・・・体温より低温で、皮膚の上で溶ける性質 ワックスとは反対のことが皮膚上で起こる 塗られた瞬間熱いという体感がない 皮膚の上で溶ける・・・毛漏斗に溶け込み細く短いヘアもすくい上げながら抜いていく。ワックスよりも切れ毛が少なく綺麗に仕上がる。 熱による赤みが少ない 3, 100%ナチュラル&シンプル 機械のVIO脱毛に抵抗がある・妊婦さん・授乳中・その他の理由で機械の脱毛ができないかたにも安全です。 ナチュラルなだけではなく、物理的に良い結果が出せるところが、シュガーリングの素晴らしいところです!  

Continue Reading
日本シュガーリング協会レベルアップ制度

シュガーリストのレベルアップ制度

日本シュガーリング協会の目的の一つが、正しいシュガーリングの普及を目指すことです。そのために、幅広い視点からシュガーリング技能を認定する第三者認定機関として、日本で活躍するシュガーリストを認定します。 シュガーリング実技認定試験では、「お肌への負担を最小限にするための技能」に重点を置き、ストリップまたはハンドテクニックによるブラジリアンVIOシュガーリングサービスをチェックし認定を行います。 日本のシュガーリングサロン現場では、海外でポピュラーなハンドテクニックに加え、より繊細な方法や、ストリップテクニックを行うことでより良いサービスにすることができます。 ストリップテクニックは、ハンドテクニックが適さない、ヘアが長く密集している状況において成果を発揮します。日本でいくつかのシュガーリングスクールでは、「ストリップテクニックは下手なシュガーリストが使う手法」といった指導がなされているようですが、それは違います。(実際には現在日本で販売されているシュガーリングプロダクトの本国では、ストリップシュガーという製品やスパチュラ類も販売されています。) 日本のサロン現場では、ヘアが長いブラジリアンVIOの施術機会が大変多いため、ぜひハンドテクニックとストリップテクニックの両方をマスターし、施術の幅を広げていただきたいと考えます。 以下、会員制度とはまた別に、段階的なシュガーリスト認定システムを設け、皆さんの技術やモチベーションの向上を目指します。 技術のレベル分けは、向上の目標を作るために生まれた制度です。 シュガーリストを順位分けするのではなく、誰でも上を目指して頑張れば、シニア・マスターになることができるのです。 未来にたくさんのシニア・マスターシュガーリストが生まれたら、きっと安全で素晴らしいシュガーリングがもっともっと普及していくのではないでしょうか。 The first step, Certified Sugarist 協会認定シュガーリスト・・・認定試験合格 第三者機関で公正なシュガーリング技術の認定を受けた証です。技術に自信がないシュガーリストには、ブラッシュアップや認定試験準備クラスをご用意しています。 認定シュガーリストマークとバッチを授与します。 特別会員・一般会員どちらかご希望の会員制度へお申し込みください。 The second step, Senior Sugarist シニアシュガーリスト・・・認定&施術実績 認定シュガーリストの中でも、一定のサロン実務経験と、一般顧客から良い評価を積み重ねているシュガーリストは、シニアシュガーリストの称号が与えられます。 【シニアシュガーリストの条件】 《ただいま準備中》 一般顧客へシニアシュガーリストとして積極的にご紹介します。 特別会員へのご登録が必須です。 The last step, Master Sugarist マスターシュガーリスト・・・認定&実績&イノベーション 他のシュガーリストへブラッシュアップの指導ができ、新しいインスピレーションを与えられる存在であるシュガーリストには、マスターシュガーリストの称号が与えられます。 シニアシュガーリストの中から選出されます。 【マスターシュガーリストの条件】 《ただいま準備中》 一般顧客へ熟練のマスターシュガーリストとして自信を持ってご紹介します。 特別会員へのご登録が必須です。

Continue Reading
日本シュガーリング協会シュガーリング講習

シュガーリストの会員制度

〜一般会員と特別会員の2つの会員制度〜 日本シュガーリング協会では、新たに一般会員と特別会員という2つの会員制度を作りました。今まで1種類のみであった会員制度を見直し、様々なシュガーリストと共に、シュガーリングの啓蒙を目指します。 2つの会員制度の一番の違いは、協会の運営に携わるか携わらないか(※議決権の有無)です。 議決権の有無により会員制度を分けたことには、理由があります。それは、代表理事・理事のみでなく、皆さんで協会を創っていくための運営案を、円滑に決議できるようにするためです。 シュガーリストたちのミーティング(会員総会)では、会員一人一人に協会の運営を左右する1議決権があり、総議決権の3分の2以上の多数をもって決議が認められます。様々な事情で総会にはご参加できない、中々ご連絡が取れない、という方が多くなれば、決議に支障が生まれてしまいます。積極的に運営に携わりたい方とそうではない方、双方に適した立場を用意する必要があると考えました。 2つの会員制度を作りましたが、それぞれの間に壁ができたり、特別会員の意見のみで成り立ってしまう協会とならないよう、どちらの会員であっても、また技術のレベルに関係なく参加していただける、会員全体のコミュニティを大切に活動してまいります。 1,一般会員とは? 当法人の事業に賛助して入会するシュガーリストまたは関連団体 どちらのシュガーリングスクールご出身であってもご登録いただけます。 協会運営には参加せず、議決権はありません。まだ実技認定試験を受験していないシュガーリストや、忙しくて協会の運営には携わることができない認定シュガーリストへ。 入会金 5,500円(税込) 個人の年会費 6,600円(税込)※年度途中の場合は、4月から入会月分の月割り(550円)を差し引きます。特別会員にアップデートする際には差額のお支払いにて対応します。(団体は所属人数分) 2,特別会員とは? 当法人の目的に賛同し、運営等に資するために入会するシュガーリスト。協会運営に関わる会議への参加・議決権が生まれます。積極的にシュガーリングの啓蒙活動に参加したいシュガーリストへ。 特別会員の条件  当協会主催のシュガーリング実技認定試験に合格している。ご出身スクールは問いません。 当法人の運営に資するため、相互の連携が迅速に取れる。 シニア・マスターシュガーリストは、特別会員から選ばれます。 スムーズな協会運営に差し支える行動をされる場合には、同意の上一般会員へご変更いただく場合があります。 入会金 5,500円(税込) 年会費 10,560円(税込)※年度途中の場合は、4月から入会月分の月割り(880円)を差し引きます。

Continue Reading
日本シュガーリング協会

日本シュガーリング協会概要

私たちは「協会」とは理念や目的に賛同した会員皆さんの想いで創っていくクリエイティブな組織で在ることを望んでいます! 単なる認定の場ではなく、以下の目的を掲げ会員皆の利益(=技術の向上・仲間との出会い・やりがい・顧客満足度・サロンの利益など様々)の向上を目指して活動します。 当法人は、安全な美容脱毛としてのシュガーリングの研究及び普及活動を通して会員相互の交流と連携を図り、会員に共通する利益の向上に貢献することを目的とし、その目的に資するための事業を行う。(定款第3条) 安全な脱毛を普及するために、技術者(シュガーリスト)と消費者双方にとって適切な情報を提供する普及啓蒙事業 各種セミナー等の開催による技術者(シュガーリスト)の養成事業 健全かつ正しい知識、高水準の技術を普及させるための技術者(シュガーリスト)の資格認定事業 会員相互の連絡、交流のための会報、名簿等の発行の事業 会員相互の交流、親睦、情報交換のための事業 関係諸団体との交流及び連携を増進するための事業 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業 名称 一般社団法人日本シュガーリング協会 英文名 Sugaring Association Japan 法人成立年月日 2016年6月1日 所在地等 東京都世田谷区北沢3-3-1テラス東北沢102-B(代表理事のサロンと併設) 電話番号 03-5738-8031   代表理事 水本沙紀 理事 中田弓渚 理事 松本綾香 理事 Roger Abrego de Oliveira   プライバシーポリシー 個人情報の管理 当協会は、受講生・会員の個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、厳重な管理を行ないます。 個人情報の利用目的 受講生・会員からお預かりした個人情報は、当協会からの連絡や業務のご案内・質問に対する回答として、電子メールなどの送付に利用します。 個人情報の第三者への開示・提供の禁止 当協会は、受講生・会員よりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、第三者に開示いたしません。 1, 本人の同意がある場合     2, 法令に基づき開示することが必要である場合 ご本人の照会 受講生・会員本人の個人情報の照会・修正・削除などを希望される場合には、本人であることを確認の上、対応させて頂きます。 《日本シュガーリング協会のスクール事業は、2020年5月をもって終了しました》 【協会専任講師による新しいシュガーリングスクールが開講します】 シュガーリングを学びたい方はSNSをチェックしてください。 Instagram https://www.instagram.com/morenasugaring/ Facebook https://www.facebook.com/morenasugaring/ Twitter https://twitter.com/morenasugaring

Continue Reading
日本シュガーリング協会

一般消費者の皆さまへ

これからシュガーリングを受けてみたい!という消費者の皆さまが、シュガーリングについての理解を深め、きちんとシュガーリストを選んで頂くことが、これからのシュガーリングの世界をより素敵なものにしてくれます。 きちんと学び、想いをもって鍛錬を積むシュガーリスト達を選んで頂くことで、シュガーリスト達のモチベーションもさらに向上していきます。 こちらのページで、協会シュガーリスト達について少しでも知っていただけることを願っています。   なぜ、シュガーリストを認定しているの? 日本シュガーリング協会では「お肌に負担をかけないための、正確な技法が身に付いているか」という観点で、1年に2回シュガーリストの認定を行ってきました。 日本で2010年頃より急成長したワックス脱毛業界により、ブラジリアンVIO脱毛は一般的になりつつあります。 ワックス脱毛業界では、数時間の講習後、技能の矯正やブラッシュアップの機会を設けていないスクールが多く、さらには講習修了直後の受講生を「ブラジリアンワックス認定講師」として世に送り出す制度が生まれ、未熟な講師が急増してきました。 当協会のシュガーリング講習会にご参加の受講生(ワックス脱毛講師)の一人が、「ワックスではIラインの粘膜が剥けて出血することがあったが、シュガーリングではそれがないのですね」と言われました。 ワックス脱毛でも、正しい選択・扱い方をすれば皮膚損傷による出血は、まず起こり得ません。 スクールで習った技術だから間違っているはずがない、と思い込み「出血するのはお客様のお肌が弱いのだ」という認識になっているのです。 上記のような制度では、未熟なサービス提供者が急増してしまうのも仕方のないことです。 2018年頃より、日本でもシュガーリングの認知度が高まってまいりましたが、少しでも良い形でお客様にご提供がなされるように、日本シュガーリング協会では技術の基準を築いています。 シュガーリングとは、どんなペーストを使うのか、シュガーペーストがナチュラルである、ということではなく、「シュガーペーストをどのように扱うのか」・・・シュガーペーストの利点を最大限に活かす手法であることが、お肌に優しいシュガーリングを実現させます。 大変難易度が高く、感覚的な手法です。 職人技が1日で身に付くことがないように、シュガーリングも身体で表現できるようになるまでには相当な努力が必要です。     どのように認定されるの? シュガーリングには、手で行うハンドテクニックと、スパチュラや紙を使って行うストリップテクニックの2通りの技術があります。 2通りの技術を正確にマスターし、以下のシュガーリングが習得できているかチェックを行います。 皮膚への負担を少なく、かつ綺麗に脱毛がなされている。 塗布時にヘアを引っ張らず、痛みを最小限に抑えるシュガーリングとなっている。 認定試験までに、200人練習すると決めて臨んだ方、勉強会に参加し改善点を見つけた方、1度目は不合格でもまた挑戦された方、皆さん頑張ってチャレンジしています。     検定は、シュガーリング講習で指導を担当した講師のみでなく、サロンの現場でたくさんの経験を積んできた先輩シュガーリスト達が、感覚的な手法をチェックしています。 一人の視点ではなく、他のシュガーリストの視点も交えて結果を出している所も、当協会の特徴です。 2019年までの合格率は、受験者数の内40%未満となっています。 厳しい試験となりますが、正しいシュガーリングを一般消費者の皆さまへお伝えできるシュガーリストの目印を築いていくことを目標に審査をしています。     認定シュガーリストって? シュガーリングは、間違った手法を行ってしまうと、皮膚損傷・内出血・切れ毛・痛みや皮膚の赤みが増してしまう、ということが起こり得ます。 正しいシュガーリングと、間違ったシュガーリングは、同じナチュラルなシュガーペーストを用いても、全くの別物になってしまうのです。 認定シュガーリストは、「正しいシュガーリングの手法を理解し、表現できている」という意味を持っています。 WEBSITEでの黄色いマークや、ユニフォーム用のバッヂが目印です。    

Continue Reading
日本シュガーリング協会

日本シュガーリング協会理事のご紹介

2020年5月20日に新しい理事が就任しました。 代表理事は引き続き水本が就任となり、理事には新たに2名が就任いたしました。 シュガーリングサロン現場での施術実績が豊富で、協会理念に賛同し今まで活動にしっかり携わってきてくれたシュガーリストから選出されました。 これから、シュガーリングが大好き!というシュガーリストたちのコミュニティが盛り上がっていくよう、理事皆で努めてまいります。 日本シュガーリング協会創始者・代表理事 水本沙紀 シュガーリングサロン モレーナ創業者 / 現役シュガーリスト / シュガーリング指導者 日本シュガーリング協会の会員の皆さん、興味を持ってくださる皆さん、どうもありがとうございます。 日本シュガーリング協会の目的はシンプルです。 シュガーリングが大好き!もっと上手になりたい!というシュガーリストが一緒に向上を目指すこと。 シュガーリングがより良い形で普及していくことに尽力すること。 日本にもたくさんのシュガーリングスクールがありますが、安全なシュガーリングのための基本は同じです。 私たちの目的に共感してくれるシュガーリストさん、 楽しく、技術は真面目に、しっかりシュガーリング技術の向上を目指していきましょう! 日本シュガーリング協会理事 松本綾香 Brilliant(ブリリアント) オーナー / 現役シュガーリスト 2010年に広尾にワックスサロンをオープン 2013年サロンを恵比寿に移し2018年にSaki先生の元でシュガーリングを取得 シュガーリングは技術がとても難しくて大変だと思いますが 皆さんと一緒に勉強して向上していければと思ってます。 理事ではありますが皆さんと何も変わりありません。 意見を出し合って風通しの良い協会になるように努めていきます。 よろしくお願い致します。 日本シュガーリング協会理事 中田弓渚 シュガーリングサロン モレーナ 現役シュガーリスト 元々お客さんとして通っていたサロンでシュガーリングを体験しシュガーリングを好きになり、 通っていたサロンでシュガーリストになりました。 シュガーリングをより良いものにし、沢山の方に良いシュガーリングを体験していただけるように、 シュガーリストの皆さまと良い協会を作り上げたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 日本シュガーリング協会理事 Abrego de Oliveira Roger アブレゴ デ オリヴェイラ ロジャー 動画制作 / フォトグラファー / ブランディングサポート 動画制作が専門、デザイン・写真・絵画も得意です。協会のロゴや認定マークもデザインしました。 サロン動画・ロゴや名刺のデザインなど、シュガーリングサロン作りのお手伝いが必要な方はご相談ください。

Continue Reading

Our Member's Message

  • シュガーリングの技術がちゃんとあれば安心・安全ですが、未熟なシュガーリストに施術をされてしまうと安心・安全ではありません。

    間違った方法で施術をしないようにブラシュアップなど勉強会があったり、技術の向上、正しい技術の確認、協会メンバーとの情報交換が出来る場所です。

    どちらのスクールで学んでも皆さんと一緒に作っていけるウエルカムな協会です。

    協会の認定試験を受けて更にレベルUPをすれば自分への自信とお客様への安心にも繋がります。

    SAJ Director / Brilliant – Ayaka Matsumoto
  • 日本シュガーリング協会では、皆さまに安心してシュガーリングを受けていただくための情報や知識をシェアし合い、シュガーリストのスキルアップが可能です。

    それぞれのサロンの良さを活かしながら、質の高いシュガーリストとしての学びの機会が多々あります。

    最新情報の共有や信頼できるコミュニティの繋がりはとても大切です。

    シュガーリストはひとりひとりのスキルが必要になりますが、ひとりじゃない””相談できる仲間がいるのは個々の自信にも繋がります。

    SAJ special member / MADRUGADA Sugar Nana Hotta
  • シュガーリング技術の向上にに真摯に向き合われている協会だと感じます。

    技術について悩んでも、スキルアップ講座や質問できる環境が整っています。

    協会の理事の方々はもちろん、会員の皆様とも情報共有ができ、個人でサロン経営をしている身としてはとてもありがたいです。

    私も協会の一員として、お客様に喜んでいただけるシュガーリング技術を広める一助となれればと思っています。

    SAJ special member / Stella Sugaring Nobue Hoshida
  • シュガーリングはワックスとは違い、かなり技術が難しいです。

    私自身、2017年に技術を取得してから、そこからが戦いでした。

    2014年にWaxingSalonを構えましたが、ワックスとは別物、ワックスでの手技はまったくと言っていいほど関係なく、1からのスタートで、苦戦する毎日でした。

    毎日お客様にお願いして練習させてもらい、自信が付くまで、どのくらいかかったのか?

    2021年、現在ではある程度の自信を持って施術していますが、今でも正直、自分の手技に落ち込む日もあります。

    シュガーリングは職人技!

    技術を向上させるために毎日真剣に向き合っていても、終わりなき戦いなのではないかな。

    そして、シュガーリングはテクスチャーが命!

    日本では、春夏秋冬、季節によって気温湿度が変動する中、暑ければ溶けてしまい、寒ければ固まってしまう。

    天然素材のお砂糖での施術は、経験を積んで学んで行くしかない。

    私は、お客様のご予約時間の1時間前から、テクスチャーの調整を始めます。

    お客様のご来店時には必ずベストなテクスチャーに整えてからお出迎えをします。

    お客様に、安心安全、快適な施術を受けていただく為に、これができていないと、まずアウト。

    オープン時のみの調整ではなく、その後も、サロンがcloseするまで、何度も何度も、1日に10回以上はベストなテクスチャーの確認を行います。

    このベストなテクスチャーを見極めるだけでも何年もかかりました。

    季節によって、同じ感覚で調整すると失敗するからです。

    ベストなテクスチャーの見極めができなければ、良い施術結果は出ませんし、お客様にも負担がかかります。

    これから技術向上の為に学ばれる皆様、当協会のブラッシュアップ講座は大変おススメです!

    もうひとつおススメするとすれば、まだまだ日本では数少ないシュガーリスト

    日本だけに限らず、海外でもシュガーリングサロンへ行って、それぞれのシュガーリストの技術を体感してみてください!

    私自身まだまだなシュガーリストですが、何年かかっても、いつかシュガーリングのスペシャリストと呼んでもらえる日まで、シュガーリングを愛する皆様と共に、精神して参ります!

    SAJ special member / sugaring salon lalita – Yukie Takayama
  • 「シュガーリングの成分がお砂糖、お水、レモンだけだからお肌に優しい」というわけではありません。

    間違った方法で行った施術では、皮が剥けてしまったり、アザになってしまうことさえあります。

    施術後数日間ヒリヒリして痛みがある場合は、技術に問題があります。

    シュガーリングは沢山の経験と高度な技術が必要です。

    施術者とお客様の体温や温度、毛流れや毛量、お肌の状況により、ペーストも変えていかなければ、「シュガーリングはお肌に優しい」というメリットは成立しません。

    そしてキレイな仕上がりにはなりません。

    これからシュガーリングをやりたい方は、ぜひ正しいシュガーリングを身に付けてください。

    SAJ special member / Satomi Shimizu
  • 4年前、私がSakiさんからSugaringの技術を教わった頃「シュガーリング」という名前の認知度は低く名古屋でお店を開店するにあたり大変だった記憶があります。

    しかし近年のシュガーリング協会の活動や、肌に優しく美しい仕上がりの脱毛法に興味を持つ方がすごく増えたように感じてます。

    そんな11つの施術がとても繊細なシュガーリングの技術を極めし者はまさに、職人だと私は思います。

    SAJ special member / BRIDGE Sugar&Wax Studio Yuriya Takahashi
  • シュガーリングは1日で習得できる技術ではありません。

    数えきえれない失敗と、つまずきを助けてくれるチームが必要です。

    SAJにはシュガーリングの正しい技術と知識を習得できるプロセスがあります。

    SAJ special member / Lapule Shinobu Haraki
  • シュガーリングに出会えて本当に良かったです。

    私が始めてシュガーリングに出逢ったのは水本先生のYouTubeでした。

    ナチュラルでロハスな脱毛に惹かれました。

    シュガーリングの施術しているところを見ている限りでは、単純に自分にも出来そうと思い始めましたが、内出血や薄皮むけ、発赤、ヘアが途中で切れ残ってチクチクしたりで

    自信を持つことができないことから、シュガーリングのプロから正式な知識・技術を学ぶため、創始者でシュガーリング愛を持つ水本先生に指導してもらいたくて学ばせていただきました。

    もっと早く始めから受講するべきでした。自信にも繋がるし、何よりお客様に満足感と信頼を得られたと思います。

    シュガーリングは簡単ではなくて、奥深い技術が必要です。

    一番大事なのはシュガーリング愛だと思ってます。

    シュガーリングは職人技でやりがいのあります。

    これからシュガーリストを目指す方には、プライドをもって、素晴らしい脱毛サロンを始めていただきたいです。

    SAJ special member / Brazilian Sugaring Bar L’PUR Mayumi Suzuki