はじめに

一般社団法人日本シュガーリング協会は、シュガーリングの啓蒙を目的とし、2016年6月1日に設立された日本国内で初めての協会です。

古代エジプトが発祥と言われる最も伝統的な、手でシュガーペーストを操る「ハンドテクニックシュガーリング」

長さがある東洋人の終毛をハサミやトリマーなどを一切使わずに対応する「ストリップテクニックシュガーリング」

どちらも「シュガーリング=シュガーペーストによる脱毛」であると定義し、現在諸外国で発展しているメソッドのみに留まらず、変化の大きい日本の気候・難易度が高いアジア人の特徴に応用力をもって対応できるシュガーリストを育成しています。

そして、正しい技能により全身をシュガーリングだけで仕上げることができる技術者を「プロフェッショナルシュガーリスト」として認定しています。

講習修了後も継続して研究を続られるコミュニティによりさらなる技能向上を図り、安全で正しいシュガーリングの普及に努めています。

 

ごあいさつ

世界で最も古い歴史を持つ脱毛メソッドであるシュガーリングは、現在世界的にその他のテクノロジー・ワックスによる脱毛とは一線を画して急成長しています。

シュガーリングは太古の脱毛法であるとともに、シュガーペーストを正確に操ることができて初めて素晴らしい結果が生まれる ”ハンドクラフトの脱毛法” です。

翻って正確な技能が伴わないとシュガーペーストが皮膚にくっついてしまう・脱毛効果が得られない、大変デリケートな脱毛法でもあります。

そのため私たちは技能向上を一番に考え、単純に ”シュガーペーストを扱う技術者” ではなく、シュガーリングの魅力を最大限に “表現できるシュガーリスト” を育成したいと考えています。

そしてこれからは”ヘアを除去する目的の脱毛” ”価格の安さによって選ばれる脱毛”から、 ”安全性・健康・環境に配慮するLOHASな脱毛” へ

日本の脱毛業界において、シュガーリスト達と共に協力し、今までの概念とは違った “脱毛の新しい在り方” を築いて行きたいという希望を胸に日本シュガーリング協会は活動しています。

沢山の魅力が詰まった素晴らしいシュガーリングの世界が健全に発展しますように。

職人であるシュガーリスト一人一人が、楽しんで、豊かに、これから活躍されることを心から願っています。

 

協会創始者 水本 沙紀