シュガーリングのコンセプト

日本シュガーリング協会代表理事の水本沙紀です。

私は2016年、シュガーリングの啓蒙活動をスタートした当初より「日本でも、シュガーリングの良さがより活きる形で普及していってほしいな」と願ってきました。

欧米でシュガーリングが成長してきた背景には、90年代になって生まれたLOHASというムーブメントがあるのではないかと思います。

ここ日本でもLOHASの流れで、特に美容の分野ではオーガニックコスメ業界がとても発展しています。

それと同じ時代に、こうして脱毛の分野でもシュガーリングが日本で認知度を高めているのは偶然ではないはずです。

 

そこで、シュガーリストの皆さんやこれからシュガーリストになりたい方と、「シュガーリングの良さを顧客に伝えるためのコンセプト」を一緒に考えていきたいのです。

 

私も時折覗いてしまう「コスメキッチン」さんは、オーガニックコスメショップの代表ですね。

そのコスメキッチンさんのPhilosophyとは?(一部抜粋させていただきます)

 

CosmeKitchen Philosophy

コスメキッチンは、世界中の個性豊かなナチュラル&オーガニックコスメを中心にアロマやハーブティー、雑貨や洗剤など、ナチュラルアイテムをラインナップ。

真面目でありつつ、コスメキッチンらしいユニークさも忘れていません。

原料や認証だけでなく、シンプルでありながら、ひとくせある面白いセレクトによってコンセプトや使い方、発想が楽しい製品であることを大切にしています。

使うごとに元気になれる「ナチュラル&オーガニック」の生き生きとした生命力から自分の身体や心をケアする楽しさを知り、メンタルやライフスタイルにも癒しやうるおいを広げられるように、カウンセリングを通したトータルケアをお肌の悩みだけでなくご提案します。

 

いかがでしょう。ナチュラル&オーガニックに対する芯のあるコンセプトを感じませんか?

 

そこで、私たちのシュガーリングライフに振り返り、「なぜシュガーリングを始めるのか?」「どんなシュガーリングサロンを作りたいのか?」を一緒に考えてみたいのです。

 

あなたは、何のためにシュガーリストになった(なる)のですか?

その答えにブレない説得力がなければ、ファンを作るのは難しいですよね。

コンセプトとやっていることが矛盾していると、どこかにいやらしさが出てしまうものです。

 

万が一、ナチュラル&オーガニックがコンセプトであるコスメキッチンさんが

「需要があるので光脱毛機材を販売します」「売り上げUPのためにデパコスを販売します」となったらどうでしょう?

私だったらがっかりしてしまうと思うのです。

 

それが、私たちのシュガーリングサロンにも言えるのではないでしょうか。

ただ「売り上げUP」「コスト削減」目的のためにシュガーリングを導入すれば良いのでしょうか?

 

シュガーリングのメリットの1つは「100%ナチュラルであること。」

シュガー・レモン・水という最も身近な素材のみで綺麗に脱毛できるなんて、とってもインパクトが大きく魅力的です。

「ナチュラルで優しい」という、LOHASな方やオーガニック志向の方に好んでいただける利点を活かさないのはもったいなくありませんか?

 

私は、100%ナチュラルなサービスのみを提供するシュガーリング専門サロンモレーナを経営してまいりましたが、「シュガーリングだからやってみたい」とご来店くださるお客様は「素材がナチュラルだから」「お肌に触れるものにはこだわりたい」という理由の方ばかりです。

 

このようなお客様は、きっと私が売り上げのためだけにコンセプトにそぐわないことを始めたら、きっと心のどこかでがっかりされると思うのです。

ですから、ナチュラル志向のお客様に選ばれ、納得していただける「ブレないコンセプト」を大切に続けているわけです。

 

これからは、シュガーリングを表現するためのコンセプトも、技術と同時に磨きをかけていきませんか。

 

それが明確になったら、メニュー作りや接客方法、デザイン、内装やユニフォーム、色んなことをブランディングに役立てていけるのではないでしょうか。

 

あなたにはあなたの答えがあるはずです。あなただけの想いを大切にしていきましょう。

 

日本シュガーリング協会

 

 

 

 

コメントを残す