シュガーリングに出会ったときのドキドキから始まって、シュガーリングは知れば知るほどに奥が深く、終わりのない職人仕事だと実感しています。

シュガーリングについて、「自然素材100%ならお肌に優しそう」と言われます。

しかし、キャラメルを想像すると分かりやすいように、シュガーというものは柔らかければ密着度が増し、お肌にべたっとくっつかせてしまえば優しいシュガーリングではなくなってしまいます。

反面、ペーストは体温で柔らかくなるほどに毛穴の入り口にはよく馴染み、細いヘアは抜けやすくなります。

プロのシュガーリストは、感覚と手の動きにより「馴染んでいるのにくっつかない、そして短いヘアを美しく仕上げる絶妙なシュガーリング」を実現させなければいけません。

シュガーリングを始めた当初、出来ていたつもりでもお肌が赤くなったり、イングロウンヘアが増えてしまったり・・・水溶性でナチュラルな素材なのに、お肌を痛めてしまっていた。

シュガーペーストだからお肌に優しい訳ではなく、正しく行なってこそ良さが生まれるのだ、と反省しました。

そして改善を繰り返し、ワックス脱毛より素晴らしい結果が出せるようになった頃、「自分の経験を元に、正しいシュガーリングの良さを伝えたい。目に見える形で技術のスタンダードを築いていきたい」と強く実感し、協会の設立に至りました。

日本シュガーリング協会では、講習会をひとつのスタート地点とし、その後の実体験で生まれた失敗の克服方法を、いつでもシェアできるフォーラムや勉強会により、皆でずっと切磋琢磨を続けていきます。

さらに私たちは、正確な技術をお教えすることだけが目的ではなく、シュガーリストとしての感性や、マインドセットを一緒に磨いていきたいのです。

どんなに素晴らしいシュガーリングを提供できても、それを伝え、選ばれ、続けていただけるコミュニケーション能力がなければ、より大きな成果をあげることはできません。

日本シュガーリング協会のメンバーの一人一人が、シュガーリングを本当に実りあるものとし、成功されることを願っています。

シュガーリングを素敵に表現し「新しい脱毛のカルチャー」を、皆で一緒に創造していきましょう!

 

一般社団法人日本シュガーリング協会  創始者

水本沙紀

 

日本シュガーリング協会
シュガーリング勉強会でのディスカッション